elder-alliance.org トップ   ブログ   サークル   KanonTCG   マリみて   おとボク   りつったー

elder-alliance.org  >  RiTsutter

RiTsutter

ついったーを使っているとき、誰かのツイートに、コメントしたいと思ったことはありませんか?
誰かのツイートにコメントして自分のツイートとする「非公式リツイート(コメントつきリツイート)」を使った経験はありませんか?
そこで、こんなことを思いませんでしたか?
「長いツイートに非公式リツイートをつけたいが、文字数が足りなくて困る」
「非公式リツイートでも、Replyと同じようにクライアントで議論の経緯を追いたい」
そんな悩みを解決する。
それが、RiTsutter(りつったー)なのです。たぶん。

このページについて

このページは、 webサイト「ついったー」についてのページです。

なお、当サイトは、公序良俗から外れないような形でのサイト制作を行っておりますが、万一不具合等ありましたらご連絡ください。 ご理解とご協力のほどをよろしくお願いいたします。

コンテンツ

RiTsutterとは

非公式リツイートと、その問題点

非公式リツイート(コメントつきリツイート)とは、 「コメント RT @引用元発言者ID 引用元発言」の形式でツイートすることにより、 あるツイートを引用した発言ができる書式のことをいいます。(RTはQTでも構いません)

ただし、コメントつきリツイート全体で140字の制限がかかるため、引用元発言が長い場合には、コメントの文字数がほとんどとれないことがあります。 また、リツイート時に元発言の改変が発生しうる、などの問題点があります。

例)119文字を引用すると、2文字のコメントしかつけられない。

(引用元発言「elderalliance」)そんな中で、次世代RTにしか存在しえない利点を発見した。In-Reply-Toを使わないくせに、Conversationの接続ができる。RepostLink時代にはなかった特徴だと思う。専用クライアント実装できれば、議論やる上で蝶便利。(119文字)

(コメントつきリツイート「ritsutter」)うん RT @elderalliance そんな中で、次世代RTにしか存在しえない利点を発見した。In-Reply-Toを使わないくせに、Conversationの接続ができる。RepostLink時代にはなかった特徴だと思う。専用クライアント実装できれば、議論やる上で蝶便利。(140文字)

RepostLinkと、その問題点

RepostLinkとは、 「コメント RT @引用元発言者ID 引用元発言ステータスURL」の形式でツイートすることにより、 あるツイートを引用した発言ができる書式のことをいいます。(RTはQTでも構いません)

ただし、一回一回URLを展開する必要がある、携帯/スマートフォンでURLをコピーペーストできるソフトが限られているなど、 使いやすさに問題を抱えているため、めったに使われることがありません。

例)119文字を引用したが、70文字近くのコメントをつけられる。

(引用元発言「elderalliance」ID:12505946739)そんな中で、次世代RTにしか存在しえない利点を発見した。In-Reply-Toを使わないくせに、Conversationの接続ができる。RepostLink時代にはなかった特徴だと思う。専用クライアント実装できれば、議論やる上で蝶便利。(119文字)

(コメントつきリツイート「ritsutter」) うん。だから、ボクにはその機能があるんだよ。発言元ステータスはちゃんと展開するし、吹き出しをクリックすると議論が続くから、ぜひ使ってね! RT @elderalliance http://twitter.com/elderalliance/status/12505946739(139文字)

RiTsutter(りつったー)とは

RiTsutter(りつったー)とは、RepostLinkの問題点を解消することで、 コメントつきリツイートとRepostLinkの利点を両取りするためのプロジェクト、および、その成果であるクライアントソフトです。 すなわち、RiTsutterは、RepostLinkの形式でコメントつきリツイートを実施し、弱点をクライアントの操作性で補います。

これを、「次世代リツイート(次世代RT)」と言います。何が次世代なのかは分かりませんが。

具体的には、「1ボタンでの引用リツイート」「発言元ステータス自動展開」をRepostLinkにて実現しようとするものです。

なお、アイディア、ソースコードなどの再利用は積極的に行われることを望んでいます。 本プロジェクトの目的はクライアントソフトの作成ではなく、次世代リツイートの流行と定着にあるためです。

ダウンロード

インストール(Rubyソースコード)

  1. 適切なフォルダにてファイルを展開します。(Linuxの場合、「tar zxvf ritsutter_0_1.tar.gz」コマンドで展開されます)
  2. Ruby-GTK2(Ruby-Gtk::MozEmbedを含む)、および、RubyGems(twitter, oAuth)をインストールします。
    以下の説明はDebian linux向けのうろ覚え。WindowsやLinux他ディストリの場合は適宜読み替えてください。 特に、Windowsで読み替えて全部成功した方がいらしたらぜひ教えてください。
    1. 「aptitude install ruby-gnome2」として、Ruby-GTK2関連ファイルをインストールします。
      Debian Linuxだと全部入ると思いますが、Windowsだと事情はもっと複雑で、私は挫折しました。
    2. 「gem install oauth」として、、RubyGemsを用いてrubygems-oAuthをインストールします。
    3. 「gem install twitter」として、、RubyGemsを用いてrubygems-twitterをインストールします。
  3. アカウント認証のため、ファイルを展開したフォルダで ritsutter_auth.rb を実行し、指示にしたがって操作します。
    1. Consumer Key / Consumer Secretを入力し、「Autenticate with this ConsumerKey/ConsumerSecret」をクリックします。
      (※)通常、そのままで問題ありません。投稿アプリ「RiTsutter」の表示を変更する場合のみフィールドに文字を入力します。
    2. Consumer Key / Consumer Secretが正しいことを確認し、「Click to authorize your Consumer Key/Secret」をクリックします。
    3. RiTsutterの中に、ついったーのwebサイトが表示されますので、IDとパスワードを入力し、「Allow(許可)」をクリックします。
    4. 表示された数字を、アプリ下部の「your PIN code」にコピペし、右下の「Send」ボタンをクリックします。
    5. 「Auth Succeeded.」のダイアログが表示されたら、「閉じる」ボタンをクリックします。アプリが終了します。
    6. 終了後、カレントフォルダ(ritsutter.rbのあるフォルダ)に"RiTsutter_Access.txt"があることを確認します。ない場合は、ritsutter_auth.rbを再度実行し、同じ手順を繰り返します。
  4. インストールは以上です。
    ritsutter.rbや、ritsutter_auth.rbが正しく動かないように思われる場合は、 インストールするモジュールのバージョンを変えてみてください。

使用方法

上記インストール手順を実施した後、ファイルを展開したフォルダで ritsutter.rb を実行すればRiTsutterを利用できます。

主な参考

履歴