2010年1月 のアーカイブ

おボクさまのために5 参加体験談

2010年1月31日 日曜日

おとボクの交流会、行ってきました。
個人的には、この交流会はおとボクコスプレイベント扱い。

・コスプレ
今回私がプレイしたキャラは、御門まりや。
引っ越し準備で服の扱いが制限されているゆえ『ショートのコス限定』縛りの中で、
由佳里→引っ越し準備で部屋が荒れている現状、ウィッグ買って髪型作るの無理。
奏→(同上)、リボン作り直すの無理。今持ってるウィッグは奏お姉さまモードなので崩したくないし。
というわけで、前日夕方にまりやのウィッグを買ってきた。むろん、ウィッグの調整などしない(店員さんにはワックスくらいおすすめされたが、あいにくと持ってないので)。調整できなかったので、ウィッグの毛先を襟元にしまい込む感じが必要であり若干窮屈だったが許容範囲内。ヘアピンは、冬コミ時に晶子(姉)で苦しんだときの保険を流用したので楽勝。

コスプレ撮影はかなりはっちゃけました。
業者に頼んで良い感じのピン写真を撮って貰ったり、他のレイヤーさんに頼んで絡んで貰ったり。瑞穂×貴子×まりや、とか、まりや×由佳里とか、めっちゃ楽しかったっす。
ただ、もう少し頭を回せれば、もっと良くなったかなぁと思うところは多々あり、予習の重要性も痛感した次第。これから、もっともっと高いレベルのスケジュール管理が求められるんだろうなぁ……公私ともに。

・クイズ
平均が5割を切る難問は、最近にしては珍しかった。
最高点が私ともう一人で、それぞれ83/125点(66.4%)。
おとボク大喜利は時間制限が厳しく、回答があまり集まらなかった。ただ、集まった回答はどれも光るものがあったので、発表は楽しんでいただけたと思う。

今回、「おとボクキャラになって何かしてください」のお題にて、以下の回答が一番受けた。
あなたは誰?:まりや
何をした?:親類の男の子を全員女装させてみました。(※同人版エトワール(八王子パルサー)の後書きにて、千早@初期設定がまりやの親類であることが暗示されている)
どうなった?:みんなあたしより可愛いってどういうこと!?
もちろん、上記回答の発表時には、私はまりやのコスプレをしていた。

・じゃんけん大会
 主宰とtakayanさんが忙しそうだったので、まりやのコスプレでじゃんけん大会の胴元をやってみた。
 これ楽しい……というかですね、「まりやのコスプレではっちゃける」というのが異常なまでに楽しい。
# 他のキャラだと、ロールプレイの関係上、どうしてもはっちゃけきれないんだよねぇ……
 正直なところ、まりやコスはかなり鉄板じゃなかろうかと思い始めている。
 ミニスカートへの対処が厳しい以外、まるで問題が見つからない。(※コスプレイベントだと立ちっぱなしでおk。即売会だとサークル参加=座りっぱなしのためクリティカル。)

・コスプレ無関係なところで
 今回のサプライズとして、飴箱広報のすずむしさんがいらしていた。
 んで、すずむしさんを中心にトークイベントを実施。
 新規の情報は何も出なかったが、制作者側とファンの絆が固いことを改めて実感することができたのは収穫。

・今回の反省点
 ボケをかましたことで着替えの私服を汚して、コスプレ衣装にコートを羽織った状態で帰宅する羽目になったこと orz
 下半身がガチ寒かった&スカートの取り回しが難しかった。また、動き方をミスると中身が見えそうで、常時gkbr状態でした。
 世の中の女性を尊敬せざるを得ません、マジで。
 ……ただ、パンストさえなければ蒸れない、という1点だけはうらやましかったかも。ロングスカートとかどうなんだろ?

そう、僕だ

2010年1月29日 金曜日

はなおとめ* サークルカット

3/20 板橋の花乙女オンリーに申し込みました。
サークルカットのとおり、聖×薫SS書こうと思ってますが、何が出来上がるかはよくわかりません。
既刊のクラウド本は持っていきますが、壁の花だろうなぁ、きっと。

……群馬から板橋は遠そうな件。

おとぼくおえび データ復旧完了

2010年1月15日 金曜日

elder-alliance.org – 処女の恋愛論より

おとぼくおえびが使えなくなっていたため、データを本サイト側に復旧しました。
また、にまいめのデータも、該当範囲については同じページに掲載しております。

しっかし……本サイトの更新が、ほぼ2年ぶりとは(汗
twitterはほぼ毎日、weblogも毎週のようにつけてるのになぁ……

婚活やめました

2010年1月11日 月曜日

タイトルはiPhoneやめましたのパクリ。
内容は、単なる近況報告。

・本当に婚活やめました
 11月と12月は婚活中断していたのですが……結局やめました。
 理由は以下の通り。

 レベル1:どうしてもやる気が起きなかった。
  レベル2:そもそもお見合いというシステムそのものがハードル高すぎ。
   レベル3:興味の湧かないプロフィールと、ティンと来ない写真を眺めて「逢いたい相手を決めろ」って無茶言うなよ……。
   レベル3:逢ってみたはいいが、会話のテンポも話題の作り方も間の取り方もまるで違う。これきついって。
   レベル3:そもそも、興味ない話題を興味あるように振る舞うって相当厳しい。
    →有効な対処法は「数を打て」。だが、そんな気力どこにもありゃせんのよ……
  レベル2:一人暮らしという遊び場を奪われてたまるか!
   レベル3:自分流に家事するのって楽しいよね。
   レベル3:女装コスとか高頻度の模様替えとか、一人暮らしじゃないとできないし……。
   レベル3:そもそも、俺、他人に生活のペース乱されるの大嫌いなんだった。
    →有効な対処法は「適切なパートナーを選べ」。だが、海水の中の金を抽出するような確率をこなす気力ないっす……
  レベル2:趣味とか同人でてんてこ舞いなんで、んな時間とれませんて。
   レベル3:瑞穂お姉さまは俺の姉。
   レベル3:晶子(姉)は俺の嫁。
   レベル3:俺がアイドルだ!
    →有効な対処法は「自重しろ」。だが、結婚にそこまでの価値を見いだすことはできない……

言ってしまえば俺のわがまま。
だが、結婚に「わがままを封印する」だけの価値を見いだせないという主観的事実を揺るがすことは、結局できなかった。

・同人関連
 3月までの参加予定は以下の状況。
 1/31 おボクさまのために; 一般参加(コスプレ)
  変なことを考えず、参加するだけにする予定……。
 2/7 秋月涼ファンクラブ; 一般参加
 同 サンシャインクリエイション; 一般参加
  涼FCは、サークル参加ネタはあったけど、忙しくてまともな日常生活が送れなくなりそうなのでキャンセル。
  同日のサンクリは、午後からゆっくりと行く予定。
 2/14 ネット?それともリアルのわたし?
  絵理オンリー(千早オンリー併設)。元から一般で行く腹づもり。
 3/20 はなおとめ*; サークル参加予定(申し込み未)。
  ネタは花乙女RBをやってから考える。

・日常
 会社でボウリングの大会に参加してきた。
 予選は314(156+158)、決勝が328(167+161)。
 会社入って以来、尋常じゃないスコアを連発しているが、コスプレのおかげということにしておいた(←ダイエットのために、ときどき足腰鍛えてるんで)。

 ヴァイスシュバルツ アイマスDSパック
 買ったけど未開封。キラは諦めるとして、1月中にはノーマルコンプしたいところだ。

・iPhone
 無料アプリのDL回数が最近激しい。iPhone遊びも板について来たなぁ……

 Calcum Lite
 最低限の機能が綺麗に網羅されていて使いやすいです。
 三角関数と指数関数は欲しいよね……

 wapedia
 wikipediaクライアントっぽい。使いやすさはSafari+本サイトと大差ない感じ。
 わかんなかったら、wikipediaの前にまずググるしな…… orz

 彼氏の財布が
 支払いは任せろー

 Petite Peinture Lite
 使い方勉強中……と言いたいが、iPhoneでお絵かきしたいアイディアが今のところ見あたらないので保留中。
 いずれ役に立つこともあろう。

 QR app
 これも保留中。QRコード読む機会なんてそうそうないよ?

 Twittelator
 Twitterクライアント。Echofonからまた乗り換えた。
 リスト機能サポートが素敵。起動が若干もたつくように感じるのが玉に瑕か。

 Side of Dice
 dice bagの弱点を克服したダイスロールツール。やれること(=ダイスの種類/ダイスロール履歴閲覧)が増えた分インタフェースが格好悪くなっているが便利なので目をつむる。

 Touch Morse
 モールス信号で遊べます。小さく打ったつもりが長く打ってたり、休符が長すぎて単語の切れ目ができたりなど、信号をうまく打とうとして打てないもどかしさが楽しい。

 FollowYou
 iPhoneを使ったTwitterの自動フォローツールだが保留中。
 周囲に、未フォローの iPhone & Twitterユーザーいねぇ……。

 iComicket
 コミケカタログのiPhone実装。手元PCでFTPサーバを立ち上げる必要あるが、ちょっとやっただけではうまくいかず保留中。

 Emerald Time
 NTP時間を時計表示してくれるツール。
 折角だから時計合わせてくれよ……と思ったが、iPhoneのAPI的に無理らしい(TT

 Stop It ! Free
 ストップウォッチを「ちょうど5秒で止める」ゲーム。単純なだけに熱い。

 ささめきすこみ
 ささめきことのキャラにキスできるというネタアプリ。操作性は相当厳しく、早々キスできません。

 BB2C
 2chビュアー。2tchと比べて操作性はいまいちだが、信頼性が高いので乗り換え。

 乗換案内
 iPhone専用のフロントエンドの様子。いちいちSafariでgooにアクセスしなくていいので便利。

宇宙の形を決める数学と、ロボットアームを動かす数学は同じ。

2010年1月3日 日曜日

NHKスペシャル 100年の難問はなぜ解けたのか 天才数学者の光と影

著者/訳者:春日 真人

出版社:NHK出版( 2008-06-24 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,404

単行本(ソフトカバー) ( 229 ページ )

ISBN-10 : 4140812826

ISBN-13 : 9784140812822


おすすめ度:★★★★☆

読んでて、懐かしかった。
そして、10年前にこの本を読んでいたら、人生変わってたんだろうなと思って愕然とした。

内容としては、
・ポワンカレによる位相幾何学の定義とポワンカレ予想の説明
・証明に関わった数学者たちの経緯
・ペレリマンによる証明
からなるが、制御理論を学んだ身としては、証明に必要な概念がいちいち懐かしかった。これは、私が「微分幾何学のテクニックとして」位相幾何学を学んでいたためである。
大学の数学チックな物理学&工学についていけなくなりそうな人に、概念を一度「わかりやすく整頓する」ための書としておすすめしたい。無意味に見えていた数式操作が、具体的なイメージを持ってもう一度手元にやってくるはずだ。

以上、感想終わり。以下、何が懐かしかったのかなぁ、というところで。

微分幾何学/位相幾何学を私が使ったのは、「ノンホロノミック」と呼ばれる制御対象の解析と制御を研究していた。
具体的には自動車の自動制御(の基礎理論)だったんだが、内容がまさに微分幾何学の応用で、必死に数学に食らいつこうとしていたが敵は強大すぎた。
自分が書いた修論を今読んでも、半分も理解できない気がする。

んで、修論発表の場を要約したのが以下。
俺「……というわけで、自動車の縦列駐車が面倒なことが数学的に証明されました」
先生「質問ございますか?」
質問した先生「どれくらい面倒なんですか?」
俺「……(凍り付く)」
先生「そこまで考えてないと思います(苦笑)」

だいたいこんな感じ。
【上記卒論発表から数年経過した後に】気がつきましたが、めんどくさいって数学的に証明できるんですね。

コミックマーケットC77を振り返る

2010年1月3日 日曜日

毎度毎度、終わった後にちゃんと地に足をつけて動けることに感謝の意を表さねばならない。

・準備:新刊関連
三日で書けると思っていた本文に三週間かかるとか、時間見積もりが甘甘だった今回。
オフセットやりたいなあ→〆切いつだろ?→調べた時点で手遅れ→やる気なくす→遅れが酷くなる、とかマジ無計画な自分に呆れるしかない。
そして、選んだジャンルとテーマが共にがマイナーすぎたと分かっているのに、なぜ30部も印刷したんだろう、まるで計画性がない。

・準備:コスプレ(晶子(姉))
 制服は思わず買ってしまったやつがあったのでOK。ウィッグも行きつけの店・日暮里のMAPLEでおk。ハイソックスもアキバのドンキホーテでおk(他にもコスプレ店はいっぱいある)。
 問題は……ヘアピン。店員さんの「100円ショップに行けば、3本100円とかであると思いますよ」というアドバイスに頭を抱えた。単価が安すぎて(一番良かった奴は8本200円)、検索しようにもキーワードが思いつかない(実際にぐぐってみたが、高価で複雑な柄のやつしか出てこない)。というわけで足で探した結果、日暮里なし、アキバなし、御徒町なし、で西国分寺にて発見。こういう細かい商品のショップ情報をwebみたいな「集合知」にて探しやすくする方法って何があるんだろうかと考えてみたいと思った。

・準備:直前
 設営準備を売り子に投げてコスプレ着替えに行く主宰のダメ加減と設営準備&製本作業(!)を完璧にこなすお手伝い二人のハイレベルっぷり。
 Qさん、桜餅さん、ホント助かりました。東のお買い物も含めて、チケ二枚分では足りないくらいの働きはしていただいたと思ってます。

・本番:一般側
西アイマスDS・かにしのの絨毯爆撃は完璧。おとボクはあさの月さんに頼んであるので問題なし。るい智・花乙女も難なくこなしておk。
東123が混んでいて、456が若干空いている印象、西はがらがら。壁は知らない。

・本番:サークル側
コピー本だったとはいえ、やりたいことをきっちりやった本が完成したのは満足感が大きい。
実際に売ってみると、身内以外、誰も手に取ろうとしない印象。私のやつはともかく、隣のサークルもそんな感じだったのが気になる。
結果は、頒布数13(見本誌1,交換4,身内6?,イベント主宰2)。

・本番:コスプレ側
 晶子(姉)コス。ウィッグの取り扱いも含めて、本番環境は今までになく楽ちん。おとボクコスみたいに、制服がかさばるとかジャンパースカートのファスナーが上げられないとか、そういうトラブルはなかった。
 (スタッフさんから、女装相手の盗撮に注意せよとの通達は受けたが……)
 が。
 寒いよ。マジ寒いよ。
 真冬に夏服だよ。ひざ上丈のスカートだよ。
 腰が冷えるよ、足が凍るよ、胸元がつめたいよ。
 けど、午後になって企業スペースに行ったら、willにかわいい晶子妹(コンパニオンさんだと思われる)がいて幸せになれたので、全ては報われたと思っている。
 ……晶子妹コスに見とれて、思わず(確保済みの)花乙女CDを買ってしまったのは、兄バカということでおkとする。きっと。たぶん。

・統括
 私個人としては、クリティカル成功と言っていい。
 買いたいものは全部買えた、本はきっちり作りあげることができた、コスプレもしっかりできた。
 これも、お手伝いいただいた皆様のおかげです。本気で。

 次に、ジャンルというか、三日目全体の雰囲気について。
 大晦日ということを差し引いても、西の島に人が少なすぎた印象はぬぐえない。人がいなかったわけではなく、東(とくに123)に集中していたため。
 Qさんのmixi日記にあるように、これが「品質の差」だとするなら、同人で生きていくためにはジャンルとしてのスキルの底上げが必要になるような気がした。マイナージャンルでも人を呼べるだけのスキルが、これからは求められるのかもしれない。
 私みたいに、「なんでもできるが低レベル」タイプ(*)のマイナー市場特化型人間は、ジャンルの裾野が広がると一気に淘汰されるので、なんとかして、誰にでもわかりやすい「売り」を作っていきたいところだが、果たして。

(*)私は、世の中に通用しやすい「T字型人間」(広く浅い教養+一点の深い専門技術)ではなく、世の中で最も通用しにくい「長方形型人間」(狭く深い教養+複数の浅い専門技術)の持ち主、いわゆる「頭でっかち&どっちつかず」である点が問題。T字の「縦」を伸ばすのが近道とは分かっているものの…… orz

 自分の好きなマイナージャンルをどうやって育てる or 残すか、と考えたところで、今回最大の反省点は「二日目(Wizブレ)を切った」点(マリみてはまだまだ人いるからね)。