絶望したっ!

会社なお話、というか愚痴をちょっとばかし。

私の部署で作ってる製品で、新機能を搭載することになりまして。
んで、その新機能が、競合他社(上を見ただけで10社↑)のほとんどが実装方式について特許を持ってる状態らしく、「特許の回避が厳しい」って言われてたんで、ちょっと気合いを入れて調べてみたわけです。
そしたら、2004〜2005年に、日本のトップシェア3社が、東大・慶應といった名だたる大学と共同で研究してました。しかも、その研究成果をきっちり製品化してるのが、日本トップの某社。

さらに調べてみると、外国でソフトウェアメーカーが何社も特許持ってたり、世界トップの某社が特許をがめてたりする。

たとえ機能が実装できなくても、業務を命じた人たちが責任を取ってくれるとは思うけど、大学の研究が専門外だった社会人2年生が戦うには、日本と世界の壁は分厚すぎるぜ…… orz

タグ: ,