参議院選挙の感想など垂れ流してみる。

2007年7月29日の参議院選挙、自民党が惨敗した歴史的な選挙だった。投票したものとして、ちょっとばかり感想を垂れ流してみる。

地域格差云々の問題が揺れてた一人区で民主党が勝ったのは当然として、東京で丸川氏が受かって保坂氏が落ちたところに、マスメディアの力をまざまざと感じた。

あと、選挙期間中にあった民主党の不祥事(末松議員・新潟視察「珍道中」発言と、さくらパパ年金詐称申請許可発言)が、2ch界隈の外では、案外知られてないという印象。
この辺の事実が知られていれば、社会党や共産党あたりがもう少し伸びていたのかなと思うのだが、この辺の話が報道機関に載ったという話は聞かない。

自民党にNOを突きつけるにしても、新党日本とか共産党とか、もうすこしましな政党があると思うのだが、民主党以外は数の規模問題で拒否されたのだろう。
今回、私が投票に行ったのは、年金問題で民主党にNOを突きつけるため。ところが、自民党は自爆ひどいし、国民新党は民主寄りだし、社会・共産は空気。どーしろと orz
選挙後の田原総一朗氏の番組で、自民の選挙対策委員の方が言っていた「用意していた戦略が全部ダメになった」旨の発言が印象的だった(ごめんなさい、誰だったか忘れました)。
それにしても、赤城農水相の事務所費問題が騒がれたのが「投票直前」というあたり、マスメディアと野党のつながりを感じてしまう。田原総一朗氏の分析によると、社会保険庁問題が発覚した理由が「社会保険庁つぶしに対抗するための自爆テロ」だった(日経BPの記事より)とのことだし(民主党案では、社会保険庁は国税庁に組み込まれるだけで実体は温存されるため、職員の立場は安定する)、メディアはもう少し多角的な分析をきっちり行い、中立的な立場で情報を発信する必要があるのではないか。年金不正問題の発覚と現在の内閣なんて、どーみても関係ないし。

同じ自民が負けるにしても、ちゃんと政策論争やって、それが理由で負けて欲しかったと思う。選挙なのに、政策の議論が行われなかったのはどうかと思う。

なお、このエントリーは私が得た情報を元に、ぱっと感じたことを調査もせず書いたに過ぎません。情報や事実、分析の信用度については不明といたしますので、ご了承下さい。

[7/31 2:28修正]
議員名のミスを修正。失礼いたしました。

[8/15 20:12修正]
リンク切れにつき、リンクを1カ所張り替えました。
リンクの修正に関して、サイトhttp://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jpを参考にさせていただきました。ありがとございます。

タグ: