‘咲-saki-’ タグのついている投稿

味スタタコスうまー

2009年9月6日 日曜日

婚活関連での失敗に関連して、勧められた書籍を買いに府中へ
 ⇒どうせなら、昨日食べ損なったタコス食べにいこー。
  ⇒お、タコデリオ@飛田給が近いな。

というわけで、ヤマザキナビスコカップの準決勝 FC東京vs清水エスパルスの試合を見て参りました。

購入したU席(バックゲート(B)の上層席で、横から見れる自由席)は3000円と、応援席(2000円)より高かったが、タコス食べるにはこの席が必須(一般の値段。学生価格はぐんと安い)。

んで、チケット買ったところでキックオフ10分前、タコス買い終わって3分前、席について1分前というジャストタイミング。
キックオフしたあとは、ほぼ見入ってました。
観客としては、中立(若干FC東京寄り)な感じで。

前半戦は、FC東京が優位に進めていたが、清水エスパルスも負けてなかった印象。前半16分のゴールは、あまりに綺麗に決まったんでびっくりした。前半戦の最初のほうは、試合に全然目がついて行かず、ファウルやオフサイドはおろかゴールキックまでちゃんと見えなかったのが少し悔しい。
後半戦は……最初20分くらい所用で席を外していたが、その後はずっと清水エスパルスのターン、って感じに見えた。清水のキーパーが前に出て1ON1を止めたり、ロスタイムで前に出て行ったりするところは、守護神という言葉の意味を改めて知った次第。
結果としてはFC東京が1-0で勝ったが、素人目にはどっちが勝ってもおかしくない試合展開だったように思う。ひとつひとつのプレイに感激するだけでも、スタジアムに行く価値はあると思った。応援団の声援怖いけどな……

<タコス>
 タコデリオではあるが、持ち帰り(というか会場持ち込み)専門のためトレーはなし。従って咲-Saki-トレーマットも入手無し(期待してなかったけど)。

 チキンタコス 450円
  最初に食べたタコス。チキンがツナっぽいのが嫌な感じ。
  450円の値段を考えると悪くないけど、元が取れたかと言われると疑問符。
 チーズポテト 350円
  普通においしかったけど、どこにでもあるよなぁと。
 チーズナチョス 350円
  メニューにないアイテム。コーンチップにチーズとハラペーニョ(?)を添えたもの。おいしかった。
 味スタタコス 600円
  最後に食べたタコス。味の素スタジアムでしか食べられないらしい。
  絶品。2本のチョリソの入った食べ応えが素敵すぐる。
  600円払って全く損はない。
  1600円/3600円と考えると高いけど……おいしいタコスを求めてた私の心情は、それでも満足できる。
 あとは、ウーロン茶150円(250円引くセット代100円)と紅茶250円……こっちは普通のドリンクだったんでレポ省略。

<iPhone/ついったー>
 せっかくの観戦なので、tsudaってみようと思いました。

(1)……無理! 入力が全然追いつかないっ!!
 サッカーはリアルタイムで情勢が入れ替わるゲームなので、入力のために目を離したが最後、情勢がどうなったかさっぱりわからなくなる罠。
 序盤(つかほぼ初手)、清水エスパルスがコーナーキックを得たときに、「清水コーナー」と入力してtweetした頃にはFC東京が攻め入ってるとか……開始5分で諦めましたとも orz

(2)「なう」って言えないの、「なう」って!!!
 コミケ並とは言わないまでも、観客22k人(&スタッフその他……たぶん1k人くらい?)が密集する中で、「前半終了なう」とか「ナチョス購入なう」とかしゃべれなかったのが心残り。
 キックオフ後はケータイ使う人いないらしく、「開始なう」は比較的スムーズに言えたかな?

(3)スリープ復帰後に投稿失敗しやすい
 (2)とも関連するが、スリープ復帰⇒短文「○○なう」入力⇒tweet、の流れがスムーズに行かない。
 何が原因かはよく解らないが、定常的にスリープ状態のiPhoneにとって、この仕様はいただけない。

(4)TweetDeckの動作が最近おかしい
 ここ数日、発言順が正しく読み込めてない様子。
 何が原因なのだろう……?

第5回タコスカップ開催記録 ~麻雀って、楽しいよね~

2009年9月6日 日曜日

副題は、咲さんの名台詞より。

第5回タコスカップ
日時: 今日 10:30過ぎ~21:00過ぎ
場所: 麻雀ワセダ(高田馬場 早稲田口より徒歩)
メンツ: K-5 araman タイチョ 菅野たくみ (敬称略)
ルール:いつもの。チップは嶺上・海底・槍槓・役満。

記録票は以下の通り。(*全体的に10くらいずれてます・・どこかで記録間違ったっぽい?)

メンバー K-5P たくみ aramanさん タイチョさん
1回戦 +51.5 +17.0 -22.0 -46.5
2回戦 +11.0 -53.7 -22.4 +65.1
3回戦 +16.9 +52.8 -18.7 -51.0
4回戦 +10.6 +72.0 -47.4 -35.2
5回戦 -24.1 +6.0 -44.6 +52.7
6回戦 +10.7 +65.2 -48.6 -27.3
7回戦 -19.6 +55.7 +1.4 -37.5
8回戦 -18.3 +8.5 +43.1 -33.3
合計 +38.7 +223.5 -159.2 -113.0

(*)第4回戦、全員→たくみへ、チップ1枚移動あり。

<総評>
 私の運がなにせ異常ですた。リーチツモ白に、裏ドラ表示牌が「中」とかおかしすぎ。
 その中でも、プラスの2着をキープしてるK-5Pはすげぇと思う。

<ハイライト>
 第4回戦:南2局(だったか?) 親:araman

 海底も間近に迫っていたとき、西家がリーチをかける。
 一発目、北家の牌は以下の通り。
手牌: 5s5s白白 [発発発] [東東東][6s6s6s]
自模: 発
 ここで、(よせばいいのに)発を加槓。
嶺上牌: 白
 これを和了し、嶺上開花・面風牌・三元牌(発)・三元牌(白)・混一色・対々和 の倍満・8000-4000。

[訂正記録]
 親俺じゃなくてaramanさんだった・・ orz

<その後>
 駅の反対側にタコス屋があるとのことで行ってみたが、予約でいっぱいだったのでタコス食えず。
 新宿に出て、とらでサンクリのカタログ買ってからねぎしでまたーり晩ご飯してきますた。

24時間365日戦えますか?

2009年8月1日 土曜日

りー○いん、○ーげいん、ぼーくらーのりーげ○ん♪ ……でも、365日は無理だろうなぁ……w

婚活なり女性づきあいを始めてみて、痛感することがある。
俺の生活に、「遊び」が全くない、ということを。

むろん、遊んでいないという意味ではない。逆に、趣味が充実しすぎていることが問題。
普通の人であれば、
 仕事の時間 + 休息の時間 + 人付き合いの時間 + 趣味の時間(少) = 24時間365日
となるのだろうが、私の場合は、
 仕事の時間 + 休息の時間 + 趣味の時間(多) = 24時間365日
となる。人付き合いの時間はどうするかというと、
 仕事の時間 ← 職場
 休息の時間 ← 家族
 趣味の時間 ← 友人
へ、それぞれ吸収する。
したがって、私の場合、友人関係は趣味に紐付けされていることが特徴であり、友人と遊ぶ際は趣味から紐を伝って対象を選択することとなる。

このシステムの問題点は二つ。
・趣味の切れ目が縁の切れ目
 事例としては、ラグナロクオンラインがらみ。就職(=引っ越し)と同時に回線不安定になってから自然引退したと同時に、連絡を全くつけなくなっている。
 むろん、趣味の変更に友人関係が追従する(=同じ趣味が偶然重なる)ことはしばしば起こり得ることであり、たとえばKanonTCGメンツの大半とは、幻想ノ宴、咲-Saki-、その他、形を変えて友人関係が継続している。まあ、同じ世界の住人だし。
・「仕事」「休息」「趣味」以外の友人関係について、発展の余地がない。
 最たるものは、「恋愛」とか「婚活」といったもの。
 ここ一ヶ月ほど、「常識で思考停止するのが利、という常識」に、真綿で首を絞められるがごとく苦しめられつつある。

という前座を置いたところで、本日の日記。

パセラの咲-Saki-イベントへ参加
 まとめチャットで紹介を受け、アキバメンツのコミケ対策に配慮したところで、CBOメンツのうーくんさん、ときはさん、MIZUMIZUさんの3名と共に参加。
 4人でイベントメニューを食い尽くしてきたわけだが、嶺上ハニトーの4分割でおなかいっぱいになってしまった。ただし、嶺上ハニトーはマジで見応えあり。上の写真ではわかりにくいが、ちゃんと嶺(アイスのコーンみたいなやつ)の上に花が咲いている。しかも、リンシャンツモ牌が「白」と、きっちりドラが載っている。
 4人がかりで嶺上ハニトーを片付けた後、レディースセット(京太郎)・カツ丼(藤田プロ)・タコス(優希)、とそれぞれ食事。私はレディースセットをいただいたが、原作よりレディースセットとしてまっとうだったように思う。アニメは未確認。
 あとは海底アイスをいただくだけだが、全員がおなかいっぱいの状態。というわけで、私が無理して注文。バニラアイス(月)+ゼリー(海)+パイ生地(手)、で味はおいしかったのだが、おなかが膨れてちゃんと楽しみきれなかったのが心残り。つか、どーせいとw

 ちなみに、歌った曲は「咲-Saki-」(Glossy:MMM)スタートで、その後カオス状態から「けいおん!」→「Phantom」(地獄の門)→「おとボク」ときれいにつないで3時間ぴったり。いつもながら、このへんは偶然のなせる芸術だなぁ、と。

・その後アキバ周回
 WindowsXP Proを購入。パッケージ版の生産終了に伴い、OEM版のみの提供だったが、以前の価格より5k円ほどプレミアのってやがった orz

 周回が終わったところで、喫茶店でまたーり。
 近況関連でいろいろ愚痴ってみたりしてたところ、なんつーか、自分が魂の底から「逸般人」なんだなぁ……と痛感する。
 普通の人があたりまえにやってることが出来ないとか。普通の人にとっては理外の刃となるような会話の流れに平然と追従するとか。
 いずれにせよ、事情・心情・性格なんかをお互い把握してる仲間と腹を割って話せるのは、気分の晴れるものである。

・親からのメール
 せっかく1日かけて晴らした気分を、どん底にたたき落とすメールが。以下は文面の大意。
 親「彼女にメール返信してないでしょう? 不安がってた、という連絡が来たよ」

 彼女とは、25日の日記に書いた人のこと。
 むろん、返信すべきメールなどどこからも受信していない。
# ボクみて関連で対処すべきメールは存在するが、それは全く無関係の話。

 「? そもそも返信すべきメールなんてもらってないけど……」
 「事実関係はよくわからんけど、こまめにメールしないと不安だよね?」
 はぁ……それが真実として、どうすればいいんだ。
 というわけで、メールをしなければならない、メールする用件が全くない、という二つのプレッシャーと闘いながら、現在に至る。

・weblog上で考察してみる

 この1週間を振り返ってみる。
 月・火曜日:原稿の修正で死んでた。
 水曜日:ボクみての詳細メールを確認。その後11時間睡眠発動。
 木曜日:朝、原稿に致命的エラーを発見し修正。昼、修正ミスと同時に入稿の通知を受ける。夕方、再入稿可能との知らせを受け、整合性エラーをダブルチェックで確認、さらにミス1件確認。
 修正内容をメモ後、むげんれんさ様主宰に投げっぱなしで眠る。体力の限界。
 金曜日:朝、再入稿された原稿が正しい版になっていることを確認。夜、いつもの集会→集合時間確認→寝る。
 精神的な問題として、連絡のチャンスは集会時のみ。

 つか、集会なかったとしたらたぶん寝てる。
 ここ最近、夏バテのせいか、前のエントリーに書いているように体調が思わしくないんで。

まあ、それ以前に、
> こまめに
 というところが個人的にアウト。
 私は、メール1通出すのに、内容と文面を何時間も練る人なので(例外:テンプレ化してる事務連絡)、ぶっちゃけこまめな連絡なんて絶対無理。やってたら私生活破綻する、間違いなく。
 というかですね、是非教えて欲しいんですが。

明白な連絡事項もないのに、何をメールしろというのだ。

 普通に考えたら、こんなことを書いている暇があったらメールしろ、なんだろうけど。
 このweblogは、「菅野たくみのチラシの裏」である。
 すなわち、私にとってweblogとは、第一に「思考をまとめる」ためのツールであり、第二に「ライフログを記録し、振り返るためのツール」であるため、とりとめのない記事であろうと「私一人が理解できればOK」というスタンスを貫いているからこそ、文章を進めることが出来る。

 翻って、メールとは他人に文章を送るツールであり、文章とは何かを伝えるために書く物である。
 むろん、伝えることが目的である以上、理解の不一致は許されない。
 従って、メールに対する私の考えとしては、「報告・連絡・相談(論点が明白なもの)」と「リマインダー」の二種類だけがメールとして許される文章と考えている。異論が多々あることは当然理解しているが、少なくとも私にそれ以外の使い方を強要すると、招くのは混乱と連絡の停滞のみである。

 さて、もう一度繰り返しす。

連絡事項もないのに、何をメールしろというのだ。

 ……いや、マジで教えてください。
 これ書いてる今も、何をどう書けばいいものか悩んでます。
 つか、この記事書くだけでメール送信を放置してたら、単なる自己正当化で終わるわけで。

 自己正当化だけで終了できたら楽なんだけど、そうも言えないからなぁ……

怒濤の一週間

2009年7月27日 月曜日

・18(土)
 結婚相談所に行き、写真その他を無事納品。
 ネット中心の婚活という説明があったので、念のため児ポ法改正案(注:衆議院解散のため7/21廃案)に対する見解の確認をお願いする。
# が、「児童ポルノ? 関係ないね」って全うにとりあってくれませんでした。
# この改正案、拡大解釈こそがまずかったのに……

・19(日)
 大学3年で、進路に迷ってるうちの従兄弟に何かヒントがあるかもしれないと気がついたのが数週間前。
 そして、この日がその当日。

 とりあえず、従兄弟におとボクのオートプレイを見せて、うちの同人誌(あまり分)渡して、咲を勧めてみた。
 かがみんファンを自称する彼は、のどっちを見て「ひんぬーだったらなぁ……」とぼやいていたので、こっちに来る才能はありそうだ(笑)

 ……が、異常に疲れた orz
 その理由は、翌週わかることになる。

・20(月・祝)
 海の日。つまり、たこルカの日。
 つーわけで、たこルカオンリーに行ってきました。
 が、たこルカ新刊が2冊、たこルカグッズが1サークルしかない有様。

 というわけで、併設の咲イベントでタコス本その他を買いあさる。
 池田単体以外全部買ったところ、なぜかのどっちエロが一番多かった罠。
 龍門淵関連は、衣しかなかったのが惜しい。
 ちなみに、今回のお気に入りは、コピーで出ていたたこルカステルスモモ本。

 その他、併設イベント関連では、以下の収穫あり。
 スト魔女:クレシェンドさんが出展されていたのでげっと。この作風にはいつも安心させられる……が、スト魔女わからないんだよね orz。
 けいおん:あとりえ雅さんの新刊コピー本を、既刊と一緒にげっと。このほんわかした絵柄・作風はいつもながらいやされる……

 イベントが終わったところで、にぅいーなさんと連れだってアキバへ。
 私は、コミケカタログ・中古エロゲ1本・小説2冊・PSP改良関連いろいろ、と買い物しまくっていた。
 にぅいーなさんは、けいおん!を気にされていた様子。

・21(火)~23(木)
 むげんれんさ様新刊に寄稿するためのSSをひたすら書いていた。多少寝不足の気あり。
 SSを描いている時間の半分くらい、牌を握っていたのはたぶん気のせいではない。

 この間、結婚相談所から、書類の記載漏れを埋めろとの手紙が来る。
(いや、埋まらないから2回も相談したんでしょう? さらにもう1回チャンスありましたよね?)
 相談所の手際の悪さに辟易しながら(←この時点で、申し込み開始から1ヶ月経過している。責任の大半はこちらにあるんだけど、サポートしてくれないようでは高い金払って対面式の相談所を使う意味ないよね、ぶっちゃけ)、その手紙を「未処理ボックスにたたき込む」。
 どうせ、今返送しても活動開始は8月下旬になるんで、どうでもいい……

・24(金)
 いつもの集会。
 ギルドカードの色について少し気になってみたところ、クエストをいっぱいクリアするといいらしいことを教わった。
 村クエは村最終モンハンだけなので(←これどうやってクリアするんだろう……)、集会所の下位&上位を進めようと決意だけした。

・25(土)
 原稿を書きながら、親戚に言われるがまま柏へ。
 宗教関連だったりするのだが、実はこの親戚、ここ最近いろいろと世話を焼いてくれているのであんまし断りたくない。

 この日の講義は、「5つのパンと2匹の魚」の奇跡について。
 ざっくり説明すると、

キ○ストが数万人(記述としては、男が5000人)の人数を引き連れている。この人数をおなかいっぱいに食べさせようとして、弟子Aに命じたらカネがないと拒否された。そのとき、弟子Bが少年を引き連れてきた。少年は5つのパンと2匹の魚をキリ○トに差し出した。○リストが命じてそのパンと魚を分けると、全員がおなかいっぱいになったあげく大きなかご12個分のパンが余った。

 というお話。詳細は聖書読むなり、信者のページあさるなりどうぞ。
 普通に考えると、「ありえんwww」で終わる話で、宗教的には「だからこそ、すばらしい奇跡なんだっ!」とうさんくささを発揮するところ。
 だが俺の考え方は違った。
 「引き連れてるやつらから、寄付募ればいいんじゃね?」
 つわけで、宗教色を邪魔しないように、それとなくニュアンスを漂わせてみたところ、信者の中にも考え方が一致する人がいたのに少し驚いた。

 上記は準備体操で、こっちが本番。
 先ほど、この親戚はいろいろ世話を焼いてくれていると書いたが、主立ったところで焼いてくれている世話が二つあり、一つは結婚相談所の紹介をされた件。紹介されたときにビジネスモデルを盛んに気にしていたのは、宗教つながりだったため。
 もう一つは、なぜか女性をひとり紹介されたこと。
 というわけで、親戚がたと飯食った後で、デートというやつをやってみたのだが……異常に疲れた。
 1時間ほどお茶してから、先方の約束の時間までまったりウィンドウショッピングしていただけなのだが、別れてみると頭がだるく、のどがからからになっている。
 このプレッシャーを心地よく感じるのが恋愛なのだろうか、と疑いつつある現在。「常識を疑え」という私のポリシーが、たぶん初めて、全力で裏目に出ている。

 後に、この疲れは、相手に「自分をプレゼンテーションしなければならない」感覚に陥っているためであろう、との推測に思い至った。(注:プレゼンテーションしたい、ではない。プレゼンテーションしていかないと場が持たない、というプレッシャーに常時さらされている、の意味)
 そういえば、従兄弟を家に招いたときの疲れ方とよく似ているなぁ、と思い立ったのは、帰り道でのDIVAがあまり調子良くなかったためもある。

・26(日)
 夏コミ用のSS原稿をひととおり完成させ、チェック待ちの状態としたところで一度作業中断。

 その後、Qさんと某映画館にて待ち合わせ。用件は以下3点。
  1.先週の咲オンリーで入手した本を渡しに
  2.ポケモンの映画を見に
  3.マルチタイプ(通称器用貧乏)のポケモンをもらいに

 1.について、120%成功(が、このために待ち合わせ時間を遅らせてもらっている…… orz)。咲-Saki-6巻を読んで、wktkが止まらない。Qさん曰く、「某スレにて『カバー外して透明カバーで保存した』と書いてあった」ようだが、その気持ちがいたく理解できた。

 2.について、個人的には少しついていけないところがあったが、元は取れたかなと思っている。脇役とは言えヒカリ&ポッチャマにも活躍の場はあったし、うえだゆうじタケシの暴走っぷりも普段より長く見られたので満足w。いくつかの点で予習が足りなかったのが、作品の楽しみを半減させたのだろうと思うと若干悔しいものがある。
  ポイント1: 前作/前々作は予習していくべし。ストーリーの理解こそ問題ないものの、前提の関係性(サトシ×ギラティナ、とか)が見えてないと首をかしげることとなる。
  ポイント2: 属性の相性表、および、DP系の伝説ポケモンの属性/技は頭にたたき込んでおくこと。ここでついていけなかったので、アニメアルセウスの強さが全く見えなかったのが悔やまれる。
# Qさん@mixiでは、あまり満足できるものではないとのことだった。そのQさんを満足させるミュウツーの話は、どんだけいい話なんだろうかと、興味をそそられる。

 3.について、これはマジでQさんに感謝する。
  「Wi-Fiつうしん」を「ふしぎなおとしもの」に変更する手続きが事前に必要とのこと。映画館公式ページを見てもよくわからなかったので、マジ助かりました。
  これで、9月になったらシロナさまイベントを見れるぜっ(シナリオ進まなくて10月以降にずれ込む可能性は否定できないw)

  あとで公式を探し直したら、上記変更手続きいらないらしいことが判明。
  だったら、その旨説明書に書いておけよ映画館っ!!!!!!!

# ああ、あと、上映開始後も、10分くらいは本編始まらないので受け取り操作OKです。本編の開始時間はニャースが警告してくれますんで、それまでにやめればおk。

やっとニコニコをきれいに再生できる環境を見つけた

2009年6月14日 日曜日

せっかくVMware+Linux環境を構築したので、最近ニコニコ動画がうまく再生できない問題をLinuxで検証してみた。

バージョン
 VMware Player 2.5.2
 Debian Linux 5.01
 Iceweasel 3.0.6(←Firefox 3.0.6と思ってくれ)
 Adobe Flash Player

結論:
 LinuxのほうがWindows7より再生が、きれいでスムーズでした。

考察:
 仮想マシン上のFirefoxが、ネイティブ環境のFirefox/GoogleChrome/Opera他より性能いいって時点でどうかしている。
 たぶん、Windows7に対するFlashPlayerの適合性なんだろうと思う。思わせてくれ。
 Windows7向けのFlashPlayerが公開されるまでは、この状況続くんだろうなぁ……

<タコスカップ第2回>
 昨日(土曜日)、aramanさんに誘われて、Qさん、K-5Pともども麻雀打ってきました。
 前回と比べて、咲の原作コミックを読んでいた分、いろいろとネタ会話が楽しめたかなぁ、という印象。
 勝負は……ずたぼろ。カベになる暗刻をかかえて「この牌は私から見て完全に安パイ」とシュンツ崩してみたりとか、テンパイしたときに「この手、この状況で降りるような打ち方はしていない……とおらばリーチ!」とか、高い手に振り込み続けて「危うすぎる……」とか、そんな感じで風越フラグたてまくってたらそらダメだろ。
 全体的には、Qさんの圧勝。試合前にQさんにあげたバナナは相当に効いたらしい。
 小さく浮き沈みしたK-5Pとaramanさんの明暗を分けたのは「テンパイ即リーわーいわーい」宣言の有無だったと記憶している。
 次回は、エトペン(代理可)のぬいぐるみを所持していくことにしよう。

<weblogダイエット>
・体重 73.6kg
 やっと来たか? と思うも、今日は1食しか食べてない影響も考えられるので、まだ安心できず。
・ジョギング/腹筋
 集会のあった金曜、麻雀を打った土曜はおやすみ。
 今回、火曜日休みのフォローも含めて日曜日のジョギングを敢行。思いの外調子よく走れたので、精神的に余裕があれば休みも走るようにしたい。余裕がないときにはやっちゃダメ。絶対。
・間食のたぐい
 今回は金曜日の集会でお菓子の誘惑に負けてしまった orz
 そして、土曜日はゲンかつぎのための「バナナ」と「カツ丼カルビ丼」。
 というわけで、日曜日は摂取カロリー量多少抑えてみた……って、1食は抑えすぎだろう常考。

ネットワーク対戦麻雀をオフラインで

2009年5月10日 日曜日

セガネットワーク対戦麻雀MJ4をプレイしてみた。
もちろん、目的は「咲-Saki-」シングルモード

初めてやってみたところ、
戦績
 1回戦: 打牌時間切れのため4着確定
 2回戦: 咲に満貫振って4着
というさんざんな成績。

敗因はいろいろあるものの、感触としては時間の要素が強い(1半荘めの時間切れは論外として、2半荘めも時間に迫られてミスが多かった)。
打牌に使える時間が、一打数秒+1局90秒、というカウントになっていることが原因。
普段セットで打っているときは時間がこれほどシビアではなかったので、もう少しゆっくり考えられたため、感覚が全然違う。

とくに決定的なのは「鳴くつもりのない牌が出てきたときに、鳴くか鳴かないかの選択で時間がとられる」こと。
これを解消するために、上級者向けの「鳴き設定」というのがあるようだが、今回はそちらまで気が回らなかった。

レベルをもう少しあげると、咲以外の相手とも打てるようになりそうなので、もう少し続けてみようかと思っている。「ちょっと寄り道」で歩数稼ぎにもちょうどいいし。

# どうでもいい話、背景が清澄高校麻雀部なんですが、部外者3人連れ込むのはまずくねっすか?

[当日追記]
もう2回プレイしてきた。
対戦相手がそれぞれのどっちとタコスだったので、対戦相手とレベルは関係なさそうだと判明。

「鳴き設定」の操作自体はよくわからなかったが、基本設定の「全鳴有/無」を切り替えれば目的(無駄な鳴き選択の時間がとられることの防止)は達成できることがわかったのでよし。

 3回戦(下家にのどっち):最初、上記「鳴き設定」を試していたら時間が奪われ、東3局で時間切れ4着。のどっちは3着。
 4回戦(下家にタコス):「全鳴有/無」を覚えたことで基本操作もマスターし、ここからが本領。場の点棒はあまり移動せず、東1局で2000点をあがっただけだったが2着。タコスは下家(私の対面)に振り込んでいたのが効いて4着。

咲-saki-

2009年5月5日 火曜日

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

著者/訳者:小林 立

出版社:スクウェア・エニックス( 2006-12-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 576

コミック ( 222 ページ )

ISBN-10 : 4757517823

ISBN-13 : 9784757517820



咲 Saki (2) (ヤングガンガンコミックス)

著者/訳者:小林 立

出版社:スクウェア・エニックス( 2007-05-25 )

定価:

Amazon価格:¥ 576

コミック ( 199 ページ )

ISBN-10 : 4757520190

ISBN-13 : 9784757520196



咲 Saki (3) (ヤングガンガンコミックス)

著者/訳者:小林 立

出版社:スクウェア・エニックス( 2007-11-24 )

定価:¥ 576

Amazon価格:¥ 576

コミック ( 199 ページ )

ISBN-10 : 4757521642

ISBN-13 : 9784757521643



アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン( 2009-08-19 )

定価:¥ 10,290 ( 中古価格 ¥ 1 より )

Amazon価格:¥ 4,000

時間:50 分

1 枚組 ( DVD )



咲-Saki- ドラマCD / イメージ・アルバム / CD ( Music )

Frontier Works Inc.(PLC)(M)( 2007-12-21 )

定価:¥ 2,940 ( 中古価格 ¥ 450 より )



咲 -Saki- 麻雀牌 Ver.1.5

咲 -Saki- 麻雀牌 Ver.1.5

カテゴリ:おもちゃ&ホビー


amazonアフィリエイトは自分用リマインダーとおまけ。
まあ、早い話が5/4〜5の日記ですわ。

0時くらいに寝て、朝7時くらいに起床。睡眠時間7時間は私のジャスト睡眠時間。
朝食をとりながら、咲-saki-の第5話を見る。麻雀大会の前には、睡眠は十分にとる、朝はバナナを食べる、ことが重要とのこと@アニメ6話予告。
8時半くらいに家を出て、9:45に高田馬場集合。
コンビニで、飲み物とバナナを買ってから勝負スタート。
ウマ10-20、25000点の30000点返し。チップは一発/赤/裏に採用し、一枚1000点分。

第1半荘。上家が起家。
3900点を上がったところで、東2局。
下家から、「自摸。四暗刻単騎、32000/16000」と宣言あり、飛ぶ orz

その後も、咲-Saki-の影響で、嶺上開花狙いの大明槓が数回見えたり、テンパイ即リーチ者が調子良かったり。
私は、バナナを食べて、手の切り出しを早くして、ドラ(赤ドラ)をがめて、東場だけ好調だったりして、マイナス点返済へ食らいつく。
このとき、南場をあんましやらなかったのは、多分気のせいではあるまい。

そして、半荘8回戦の結果を、フィアルさんよりQ-turnさんに送付。
内容は以下のとおり(Q-turnさんのmixi日記より引用、太字は筆者)。

 フィアルさん +361
 たくみさん(≠咲) ±0
 k-5P -105
 オジャ先生 -256

うん、Q-turnさんはよくわかっているwww

±0をとった記念に、実家に戻った際に、咲-Saki-を5巻全部買う。
一晩泊まって、実家でだらだらと得物を読む。2周したが、まだ読み足りない。
ただ、側で同じようにだらだらしている弟に読ませたところ、ツマンネと言われてしまった。弟は麻雀知らないんで仕方ない。

おすすめ度:★★★★☆
おすすめ者は以下のとおり。
・麻雀の役が分かる。→普通におもしろいんで、読んでください。いずれ百合に目覚めます。
・マリみてが好物。→麻雀の役を覚えてください、あなたなら覚えられる。そしてもう一度読んでください、百合分の濃さがよくわかります。
もちろん、「麻雀の役がわかる」&「マリみてが好物」の両方に当てはまる場合は必読。