4年半ぶりの感動に祝福を

好意から出た偽りは、不和を醸し出す真実よりもよい
サアディー、「ゴレスターン」より

好意から出た偽りは、不和を醸し出す真実を呼ぶ。
不和を醸し出す真実は、それを乗り越えたときに充実感と結束を生む。

というわけで、「花と乙女に祝福を」プレイしました。
以下ネタバレ。

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。


<全体的に>
 女装少年+お嬢様学校、ということで、エロゲーとしておとボクをよく理解し、分解し、再構築している作品。
 おとボクと違って、主人公が「誠意を持って、何も考えずにつっこむ」ことに長けているので、はらはらするものの問題解決時のカタルシスは大きい。
 シナリオや人間関係は言うに及ばず、キャラクターがテンプレを外さないがテンプレにとどまらないところも、おとボクの長所と短所をうまくふまえて作ってある印象。
 「対決+協力」を物語の主軸にすることで、同時に関わるキャラ数をきれいに絞る手法は見事と思った。
 ただし、いわゆる「お嬢様学園」的なものはキャラの肩書きでごまかしており、雰囲気はおとボクより若干薄れ気味、いかにもエロゲー的な「普通より上品な女子校」の印象か。
 したがって、細かいところをきっちり読み切らない限り、おとボクより印象いいだろうと思う。

 とりあえず、おとボクファンは全員やれ。

<ヒロインキャラ&シナリオ>
彰(晶子(姉)):本作のヒロイン。つか、普通に好青年。
 オープニングで、

ちょっとだけ目をつむっててくださいね♪

と、音符マークをつけてあったことがものすごく怖かったが、実際やってみたらそうでもなかった。
 立場的に、妹さまを完全にトレースしなければならないという、瑞穂/妙子/智の誰よりも難しい立場。
 ミスが多いのは仕方がないが、誠意ある行動のおかげでほとんど問題にはならなかった印象……下級生シナリオを除いて。
 あと、まきいづみボイスが兄妹ともステキすぎるのは特筆すべき。

晶子(彰(弟)):本作の主人公キャラその1。
 アームチェア・ディテクティブならぬ、病院ベッド・ディテクティブ。
 ああ、晶子かわいいよ晶子。
 エンディングが3つ(園芸部晶子エンド、生徒会晶子エンド、志鶴エンド)、そのほか見せ場が2回(聖佳エンド、下級生シナリオ)もあるのはステキですた。
 ただ、生徒会晶子エンドは、攻略サイトなしだとマジで厳しい。

聖佳:主人公キャラその2。
 昔の俺がこんな性格ですた。Mの字でバイトしてた頃のみんな、ごめんよぉ。
 全体最適と高品質を目指して人間関係がおろそかになるのを見てると、もう「あるあるwww」とか「昔やったなぁwww」としかいえず。
 全力で怒ってくれる人がいないと、こういうの気がつかないんだよねぇ……ほんと、晶子(姉)良い子だわ……

薫:主人公キャラその3。
 どこの佐藤さん?
 ……というのはいいとして、気になったのはエンド後どうするのか。
 ビジネス的に、「西陣織をどう発展させるか」というのは興味のあるところ。

志鶴:主人公キャラその4。
 志摩子さんっぽい雰囲気が特徴的なトラブルメーカー。
 志鶴エンド=真・晶子エンドでおk。

都:主人公キャラその5。
 典型的な幼なじみ……にしては、お互いに知らないこと多いなぁという印象。
 一対一で見ると、一番かわいいかなぁ……

祈:主人公キャラその6。
 晶子(妹)と並べておいておくと、めちゃくちゃかわいい。
 こんなかわいい子なら、魚の話で5hくらい楽勝っすわ。
 それゆえ、祈シナリオは精神的にけっこー厳しかったり。

# 晶子(姉)&晶子(妹)&祈、の3人のフォトグラフほしぃ。

眞弥子:主人公キャラその7。
 元気な眞弥子ちゃん、しかしシナリオはあんまし印象にない……というか、千里さんの「4番」が印象強すぎるんだよっ!

<その他>
変態:サブキャラとして八面六腑の大活躍。とりわけ聖佳さまシナリオではステキだった。
部長:次世代リーダー育成を忘れない、ステキな人。ただ、名前を覚えてもらえないネタはひどいと思うんだ……実際、眞弥子シナリオに行かないと名前わからないし!

システム:
 ウィンドウがアクティブじゃない場合にゲームを完全ストップとかやめようぜ。
 某ファイルを書き換えると普通にプレイできるんだけど、Windows7(Vista系)だとユーザ制御を解くのがめんどい。

タグ: , ,